適性検査はどのような活用の仕方をしているのでしょう

自動車運転試験所における適性検査

自動車の運転試験所では違反をすると講義を聞きに行かなければなりません。その時に必ず適性検査の時間が設けられています。違反を繰り返している人は、すでにどのような試験なのかを知っているのですが、素直な気持ちで検査を受けると結果は同じになります。人間の性格をいくつかのタイプに分けてあり、短気な人はスピードを出しすぎたり、追い越されるとむきになるので注意を喚起するのに利用しているのです。検査結果を読んでみると思い当たることがあるものです。

幹部社員の採用に利用する適性検査

知能試験といわれる検査があります。一般的にIQと言われているもので、将棋指しの知能指数は130以上はあり、名人ともなれば150はあるだろうなどと噂される検査です。小・中学校などでも時々行われることがあります。この検査を会社では幹部候補の採用試験として利用しているところがあります。どこの大学を卒業したのかで学力を知ることができますが、学力は努力で掴み取れます。しかし、知能指数は学力とは関係ありません。知能指数の高い人を幹部候補として選抜しようとしているのです。

職業の適性を職場の配置に活かす検査

会社によっては5年に一度くらいの割合で、職業の適性検査を実施しているところがあります。これは本人の仕事に対する適性を調べるもので、配属先の参考にしているのです。採用した社員の能力を最大限活かすには、本人の持っている適性に応じた仕事をさせた方が会社も本人にとってもベストだという考えです。人間には、職人肌で一人で仕事をさせると良い結果になる人と、親分肌で部下を持たせると生産性が上がるタイプがあるのです。これらが検査で分かります。

適性検査は、運転免許取得時や、会社の入社試験の時に主に行われます。ミスマッチや、危険行動を防ぐ意味で、すごく有効です。