倉庫には何がある?自動倉庫システムって何?

倉庫はこんなところです!

倉庫に行ったことがある人もいれば、倉庫などには全く縁もなく倉庫の「そ」の字も知らないという人もいるでしょう。しかし、倉庫で働いている人や働いた経験がある人もたくさんいるはずです。外を歩く時なんかでも、気をつけて見ていると倉庫は至るところで見つけることができますよ。倉庫のイメージは大凡一般的なイメージと言えます。だだっ広くオーバースライダーで開け閉めするような建物の中では一体何が行われているのでしょうか?ここではそんな倉庫業務についてちょっと考えてみたいと思います。

倉庫には大量の在庫がある!

倉庫は在庫を管理する場所ですが、私たちが買い求めている商品のほとんどは倉庫から出荷されているんです。ちなみに工場で生産した後、お店などに直送されている倉庫を必要としない部品や商品もあります。良く売れる商品は大量に生産しますから、工場には置ききれませんよね。お店だって棚に置ける分しか注文しませんから、大量の在庫は倉庫で管理することになるんです。倉庫と言うと何だかパッとしないかもしれませんが、実は私たちの暮らしを支えてくれる立派な事業なんですね。

自動機械で管理すれば安心!

パソコンとかスマホとか現代には持ち歩きに便利な端末がたくさん揃っています。電気の発明から機械ができて、今や電子さえが飛び交っているような科学文明を手に入れました。倉庫でも自動的に在庫を管理する自動倉庫システムなんていうのもあるんですよ。出荷するものを自動的にピッキングしてくれる機械なんですが、人為ミスがないので誤出荷や誤入庫することがありません。届いて開けて見たら注文した商品と違う!なんてこともなくりますから、こうした最新のテクノロジーを取り入れている倉庫は、お客さんにとっても安心ですよ。

企業活動の流れの中で、生産された商品が消費者に渡るまでの一連の流通活動を物流と呼びます。商品とは物のみでなく、お金や情報、サービスも含まれ、これらの移動や保管、荷役などの活動を包括します。